母が隣の家の犬に噛まれた!犬の噛みつき事故の原因は飼い主の不注意と認識不足

犬のトラブル!何であろうと責任は飼い主にあり!

 

犬のトラブル!何であろうと責任は飼い主にあり!

 

実家の母が隣の犬の家にお尻を噛まれました。
縫う程ではありませんが、お尻に歯形がつき出血もありました。
しばらくは内出血が酷く椅子に座るのも大変そうでした。

 

事の発端は隣の家の犬の鎖が外れ、逃げ出してる途中に自宅の庭にいてお花に水やりをしていた後ろ向きの無抵抗な母に噛み付いたということでした。

 

 

これは完全に事故ですね。
散歩に行く際に鎖を外した際のあっという間の出来事だったようで、
母も運が悪いとしか言いようがありません。

 

 

隣の家の方が菓子折をもって後日、謝罪の挨拶に来たそうです。
犬自身は動物ですし、攻める事はできませんよね。
こちらとしても、起きた事は仕方ないし、責め立てることもできませんのであっさり和解しました。
相手もしばらくの間気にしているようで気の毒でしたが、一番の被害者はやはり母ですよね。

 

 

大事なのは、飼い主のしつけと、可愛い犬でも本能的に変貌する事がありえるという
万が一を考えて行動しなければいけないのではないかと思います。
対した怪我ではなかったのでこのような処理ですみましたが、
場合によっては大けがに繋がります。
小さな子供も近所には沢山いるので、ターゲットが違うだけで大惨事にもなりかねません。

 

 

動物を飼うということはそういう事もきちんと考えて、
責任をもった飼い方をお願いしたいと思いますね。
犬の排泄物の処理などのルールも守らない人も沢山いますよね。
人間の癒しの為にかわれるペット達の立場も考えて飼わないと行けないと思います。
犬も家族の一員、子供と一緒です。

 

 

子供にしっかりルールを教えるのと一緒で、犬のしつけはしっかりとし、
また飼い主もマナーを守ってこそ、犬を飼う権利があると思います。
犬と人間との共存社会を平和に維持していく為には人間次第と言う事ですね。

 

 
シーズー
最近よく大型犬が人を噛むニュースが流れていますが、それは大型犬に限ったことではありません。それよりも危険が少ないと思われているからなのか、しつけの出来ていない小型犬が多く、2回ほど噛まれた経験があります。飼い主は愛犬のしつけや管理をしっかり行い、接する人間もきちんと状況を確認することが大切ではないでしょうか。
柴犬
歩いていると、成犬と見られる柴犬を連れて散歩をしている年配男性が前方から歩いてきました。柴犬は猛烈な勢いで私の方へ走りだそうとしていて、ついには飼い主の手からリードが離れて、柴犬が猛スピードで私に向かって走ってきました。結局、私は逃げきれず、柴犬に足を噛まれてしまいました。
日本犬
近所に飼い犬を時々脱走させる高齢の男性がいました。ある日、いつもと同じように飼い犬の散歩をしていたところ、男性の犬が道路をうろついているのを発見しました。日本犬は猛然と飼い犬に向かって吠えながら突進してきました。飼い犬を守ろうと無我夢中で抱き上げたところ、標的が無くなったせいか 今度は私のふくらはぎに咬みついてきました。
マルチーズ
ポスティングをしていたら、家の中から全力疾走してきたマルチーズにふくらはぎを噛まれた。本気噛みをしているのか、小型犬でもかなりの痛みを感じた。それでも手荒に離すことができず、噛まれるがまま我慢してしまった。
トイプードル
トイプードルはまるで襲って来るかのようにすごい勢いで私たちに飛びついてくるんですが、義母の犬なので邪険にすることもできず・・・。私の手に噛み付きましたがめちゃくちゃ痛くて、もはや甘噛みのレベルではありませんでした。
チワワ
よく行くお宅の家に配達に行った時、少しだけ開いていたドアから勢いよくチワワ犬が飛び出してきたんです。足でその犬を追い払おうとしたら突然わたしのアキレスけんにガブリときたんです。かまれてたところは歯型がしっかりついていました。大きい犬と同様に痛みはありました。
中型犬
私は元から犬嫌いだった訳じゃありません。子供の頃、あるお家で飼われている犬(中型犬)の頭を撫でようとしたら噛みつかれました。また、噛まれたことで犬に用心していたら、飼い主の制止を振り切った犬が突進してきたので恐怖を感じました。
雑種(ミックス)
犬の散歩でいつもと違う所に行ってみると、ノーリードの雑種犬が走っていました。アブナイと直感で感じたら、案の定その犬は私たちの方へと向かってきました。その犬が近寄ってきた瞬間、うちの犬と喧嘩が始まり、間に入った私は足を噛まれてしまいました。
中型の雑種
中型の雑種犬が、家の前を歩く犬を見て興奮して引っ張った折に首輪の金具が壊れて外れてしまい、 その犬に飛びかかってしまいました。