犬の咬傷事故が多いのは実は小型犬?小型犬は攻撃的な犬が多く噛み癖もヒドイ?

 

 

大型犬は小型犬に比べると穏やかでおおらかな性格が多いと言われています。それでも、コントロール不能になってしまうと人命を奪ってしまう危険もあります。そのため、愛犬にリーダーは飼い主さんであると教育し、いつも服従させられるようしつけることがとても重要です。

 

 

一方、小型犬は愛玩犬として、噛んでも大したことないと、甘やかされます。小型犬が噛みつく件数は届け出がないものも入れると大型犬より多いのです。もしご自分の愛犬が、突然、人や犬に噛み付いてしまったとしたら…?たとえ命に関わらなくても、噛みつかないようしつけるのはとても大切なことなのです。

 

 

小型犬といえば、ジャックラッセルテリア・ダックス・チワワなど、室内で飼いやすいと大変人気です。ですが、実は意外にも、小型犬は攻撃的な犬種が多いのです。ジャックラッセルテリアとダックスはもともと猟犬であり、動くものを見るとつい噛みついてしまうこともあります。

 

 

チワワの場合は、見知らぬ人・ほかの犬が自分よりも大きいために怖がってしまい、吠えて噛みついてしまうとか…。体の大小、犬種を問わず、攻撃的になってしまう原因をきちんと考え、愛犬に適したしつけを進めることは重要です。

 

 

犬の噛みつきによるトラブル事例

柴犬の噛みつきによる事故と訴訟例

 

 

では、言葉がわからない愛犬に飼い主さんはどのように伝え、しつけていけばよいでしょう?

 

愛犬が飼い主さんの顔色をうかがったり、我慢させるようなしつけではいけませんよね。では、お互いが楽しめて愛溢れる環境を整えるにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

ここからは、犬種ごとに噛みついてしまうヒミツと、飼い主さんの今日からすぐできる!ということをご紹介致します。

 

「しつけ」だからと堅苦しく考えず、肩の力を抜きましょう。しつけを、飼い主さんと愛犬がより親密になれるコミュニケーションの時間にしていきたいですね。

 

犬の噛みつき事故は大型犬より小型犬の方が多い記事一覧

噛んだりする攻撃的な小型犬の性格は飼い主のしつけの仕方に左右される

恐怖性攻撃行動身体が小さく、周囲の人や犬が自分より大きく恐怖を感じるあまり、噛みつくことも考えられます。日常生活のなかで色々な体験をさせ、見知らぬ人や大きな犬にも会わせてあげれば、新しい出会いの場面でも、怖がらず社交的になれるでしょう。突然初めてのことに出会うと、驚いて怖がり、噛みつくことも考えられ...

≫続きを読む

 

賢くて忠実な性質を持ち合わせているがために生じる噛みつき

縄張り性攻撃行動日本の犬は、古来から猟犬として、気が強いことで知られています。危険を恐れず勇敢なので、ほかの犬に攻撃をしかけ、噛みつくことも…。また、縄張り本能が根強く、テリトリーにほかの人や犬が入った途端、噛みつきにかかるかもしれません。子犬のころからしつけができれば理想的ですが、成犬は我が強く自...

≫続きを読む