子犬の甘噛みは躾で矯正させるべき?子犬が力強く噛んでくる時には

可愛い我が子だからこそ、子犬の頃からのしつけが大切

 

子犬の甘噛みが激しい

 

さあ、子犬がわが家にやって来た!
走ったり、眠ったり、もう、なにをしてもかわいいなぁ。

 

じゃれてきたから、一緒に遊ぼう…ガブッ!
イテテ、噛まれたけど、それすらかわいいなぁ。
噛まれてもへっちゃらだし、しつけは面倒だし、いっか。

 

 

子犬も成長し、さらに体が大きくなったある日…ガブッ!!
イテテテ…血が出た!こんなはずじゃ。。

 

 

子犬に噛まれても、小さいうちは平気だと甘くみて、そのまましつけしないでいると、大きくなって噛まれたときに大変危険です。そのため、子犬のころからしっかりしつけていくことはとても大切なのですね。

 

歯の生えかわり

 

歯が生え変わる時期には、歯がむずかゆくなって、家具の足などに噛みついてしまうでしょう。犬用のガムや、噛むとおやつが出るおもちゃなど、いくつか試し、愛犬好みのものを与えるようにすれば、噛みつきも予防できます。

 

社会化期

 

犬は生後3〜12週にふれあった生き物・ものに特別な愛着を持つようになる、社会化期という時期があります。

 

とくに生後8〜12週になると、親や兄弟とじゃれつき遊びを始めます。興奮がエスカレートして力加減を間違うと叱られ、よく出来たときは褒められるなどして、ルールを身につけます。力加減やあまがみなどを覚えるので、遊びに熱中しすぎても、全力では噛みつかなくなるでしょう。

 

社会化不足

 

一方、ペットショップでは、子犬の性格形成のための社会化期より、衛生面の配慮を優先するので、たった1匹ショーケースで過ごします。ほかの犬とふれあえずに、自分が犬と認識できずに、犬嫌いになってしまう子もいるそうです。

 

チワワ 本気噛み どうしたらいい

その後、運良く新しい飼い主さんと暮らすことになっても、さまざまな人・音・刺激に過度に怯え、あまがみなしに全力で噛みつくかもしれません。もし、ご家族が日中不在で、ずっとケージでお留守番だったりすると、好奇心が満たされず、周りへの不安が募って、ささいなことにも怯えてしまうでしょう。

 

飼い主さんができる社会化トレーニング

 

社会化期には、犬独自のルールを学ぶために、できるだけ親や兄弟犬と一緒に過ごすのが理想です。
たとえ、それが叶わなくても、手遅れではありません。気付いたときから始めれば、その時点から愛犬と飼い主さんの生活を改善できるからです。

 

 

まず、愛犬がこの先出会うであろう、あらゆる経験に慣れさせるよう心がけましょう。屋外では老若男女いろいろな外見の人々と、ふれあわせてあげましょう。車・バイク・自転車などに慣れておけば、いきなり突進していくことを予防できます。ほかにも、掃除機・洗濯機の音を聞かせれば、成犬になっても怖がって吠えなくてすむでしょう。

 

ワクチンと社会化

 

じつは、子犬は病気に感染しないよう、ワクチンがすべて終わるまで、ほかの犬や動物と接触できません。ワクチンが終わって散歩できるようになるのは、社会化期を過ぎてからになってしまいます。

 

 

ワクチン終了前でも、できるだけ人・犬・経験などにふれあわせるために、抱っこで散歩させてあげるとよいでしょう。抱っこしてのお散歩は、飼い主さんと愛犬との距離が近く、より親密になれるかもしれません。また、子犬を抱いて歩いていると、通りすがりの人々に「かわいい!」と、声をかけられるでしょう。様々な人たちにふれあわせ、愛犬の社交性を高めていきましょう。

 

 

感染予防のためには、ほかの犬の散歩の時間帯は避けましょう。もし、余裕があれば、犬の幼稚園のように、きちんと衛生管理された場所で、犬同士ふれあう時間を作っても良いでしょう。

 

群の順位付け

 

子犬が5〜6ヶ月になると、群れの順位付けを行います。飼い主さんがリーダーとして認められるよう、特に意識して過ごしましょう。ご自分に自信がなくても「有能なリーダーだ!」と信じ込んで接するだけで、不思議に行動がそうなっていき、愛犬も察知して従ってくれやすくなるでしょう。飼い主さんを「ご主人様」として尊敬すれば、すべての選択を飼い主さんに委ね、自分が上に立とうとする攻撃性が減り、噛みつかなくなるでしょう。

 

 

子犬の甘噛みをどうやって止めさせればいいの?

 
成犬
「大人しい、飼い易い、賢い」犬種によってはこのようなイメージが抱かれます。でも、いざ犬を迎えてみると、噛みつきが酷い、人を本気で噛んでくるということがままあります。「大人になったら落ち着くだろう」残念ながらそうではありません。大事なのはしつけです。ここでは、躾不足以外で犬が噛んでくる原因をみてみましょう。
保護犬
飼育放棄されたり、捨てられたり、虐待を受けていた犬は運が良いと里親さんに引き取られて新たな生活を送ることができます。でも、保護された犬がみんな人に対して友好的ではありません。それまでの境遇から人間不振に陥り、相手に対して攻撃的になり噛みつく・噛み付こうとすることで自分の身を守ります。また、実は何かしらの病気を抱えていることで、その痛みからくるイライラから人を噛んでしまうこともあります。
凶暴
「犬が暴れて手がつけられない」「犬が本気で噛んでくる」「犬が凶暴で誰彼構わず噛みつく」甘やかされて育てられたわがままな犬だけでなく、ストレスでセロトニンホルモンが不足することで犬が凶暴になることがあります。犬を甘やかせないでしつけるのはもちろんですが、ストレスのない生活を犬に送らせることも大切です。
わがまま
「うちの子は犬種特有の気質なのか性格がきつい・気が強い」「怒られてもめげない・歯向かってくる」「寂しがりやなのか、かまって欲しいと自分をアピールしてくる」「散歩の時は犬の行きたい所へ付いて行くようにして歩いている」あなたの愛犬はこんなことしていませんか?そんなことをさせていると、犬が自分が偉いと勘違いしてわがままになってしまいますよ。