犬が噛みつく癖は成犬になったらおさまるのだろうか?

成犬の噛みつきは一大事?!犬の体の大きさに比例して被害も甚大になる

 

 

成犬の噛みつきは、子犬と異なり、度が過ぎると命に関わることもあります。そのため、噛まないようにしつけることは飼い主さんの重要な役割であり責任とも言えます。

 

成犬が噛みついてしまうのは、おもに次のような場合です。

 

オスのホルモンの影響
具合が悪い時(病気・炎症・ケガなど)に触ってしまった
社会化不足

 

では、それぞれについて詳細をみていきましょう。

 

オスのホルモンの影響

 

オスは生後6〜10ヶ月に性成熟期を迎え、オスに喧嘩をしかけたり、マウンティングしてしまう傾向があります。成犬になっても、メスよりもはるかに多く、オスが噛む事件が報告されています。これは、オスのホルモン、テストステロンのせいで攻撃的になっているからだと考えられます。あまり噛みつくことばかりだと、人と一緒に生活すること自体が、難しくなるかもしれません。

 

 

これを防ぐためのひとつの方法として、去勢があります。去勢すれば、ホルモンが減少して、攻撃性も抑えられるでしょう。同居犬・家族に対する噛みつきにも、効果があると言われています。ただ、去勢する前に噛みつきを学習してしまうと、去勢後も直らない場合も…。そのときは、噛みつかないよう、しつけと合わせて進めていきましょう。

成犬 噛み癖 矯正

 

 

去勢するなんて、痛そう、かわいそう、と思われるでしょうか?
でも、考えてみてください。
道で人や犬に噛みついて迷惑をかけてしまうことの方が嫌だと思いませんか?噛まれた方は痛いだけでなく不愉快に思いますし、去勢をしなかったがために愛犬もホルモンの影響をもろに受けて、そのような行動を起こします。それに飼い主さん自身も後味が悪いですよね?

 

 

去勢すれば、ホルモンによる攻撃性も落ち着き、より社交的になれる可能性が高まります。周りの人・犬とのコミュニケーションを深められるようになれば、愛犬と飼い主さんに、楽しい時間を過ごせるチャンスが生まれるでしょう。また、去勢をすれば、生殖器の病気を予防でき、より長生きできます

 

愛犬とより長く健康に、ほかの人・犬とも仲良く楽しんで暮らすために、去勢をお勧めします。

 

 

具合が悪い時(病気・炎症・ケガなど)に触ってしまった

 

愛犬の身体の見えないところに炎症・ケガなどがあり、飼い主さんが知らずに触ってしまうと、痛さに驚き、とっさに噛んでしまうかもしれません。ほかにも、てんかん・感染症などの病気や、ホルモンバランスの崩れ、視覚・聴覚などの機能低下などがある場合、噛ついてしまうようです。

 

日頃から遊ぶときなど、身体や毛並みなどチェックしてみては?そうすれば、愛犬とのスキンシップが多くできるでしょう。

 

 

社会化不足

 

子犬のときに社会化できていないと、周りの人・犬・ものなどに怯えて、吠えたり噛みついたりすることがあるでしょう。でも、あきらめなくて良いのです。大人になっても、気付いたときから、変われるチャンスなのです。
子犬のころから始めた場合に比べ、たしかにスタートが遅く、習得スピードも遅いかもしれません。
それでも、気付いたときから続けていけば、時間はかかっても、少しずつ良くしていけるのです。

 

 

愛犬の寿命は十数年なので、飼い主さんと過ごせる時間は、限られています。
社会化不足のままでいれば、周囲の人・物に怯えたり、噛みつくからとほかの犬との交流も制限されたり、不安で孤独な時間が多くなるでしょう。ここで、社会化に取り組めば、怯えずに落ち着いて過ごせ、ほかの犬や人とも交流ができ、愛犬の限られた時間の質を高められます。

 

 

社会化というと難しそうですが、しつける・教え込むより、愛犬に新しい刺激を知ってもらい、慣れさせるという、シンプルなものです。例えば、通りすがりの人・犬などが怖くて噛みついてしまう成犬は、噛むことは当然で、むしろ追い払えるから良いと思っているかも…。

 

 

そこで、知らない人・犬に慣れることから始めましょう。公園など見知らぬ人・犬が多くいる場所で、ベンチに座るようにします。始めは短時間で、徐々に長くしていきましょう。愛犬がどんなに暴れても、そのまま我慢です。愛犬がどんなに頑張っても追い払えないと経験し、頑張って噛むより、我慢する方が良いと、大人しくなるでしょう。

 

 

 

初めての刺激に怯えて吠える様子に、いたたまれず止めたくなるかもしれません。でも、それを耐えて慣れていけば、落ち着いて過ごせるようになれるでしょう。

 

それでも難しい場合は訓練所・トレーナーに教わってはいかがでしょうか。愛犬と一緒に、飼い主さんも教えを受け、家庭でも続けられると良いでしょう。

 

飼い主さんと愛犬が、新しい刺激を良いもの・楽しいことと感じられるように、焦らず、無理せずゆっくりと進めましょう。

 

 

成犬になっても噛み癖はなおせます!犬の性格に合ったしつけ方法の選び方

 
子犬
子犬を構っていると、甘噛みをしてきます。乳歯だから尖っているので、噛まれると結構痛かったりします。また、子犬は加減しないで力強く噛んでくることもあります。そんな時、あなたはどうしていますか?「子犬のすることだから」「まだ幼いから」との考えで甘噛みをそのままにしておくと、子犬は噛むという行為がイケナイことであることや、加減することを知らないまま成長してしまいます。
保護犬
飼育放棄されたり、捨てられたり、虐待を受けていた犬は運が良いと里親さんに引き取られて新たな生活を送ることができます。でも、保護された犬がみんな人に対して友好的ではありません。それまでの境遇から人間不振に陥り、相手に対して攻撃的になり噛みつく・噛み付こうとすることで自分の身を守ります。また、実は何かしらの病気を抱えていることで、その痛みからくるイライラから人を噛んでしまうこともあります。
凶暴
「犬が暴れて手がつけられない」「犬が本気で噛んでくる」「犬が凶暴で誰彼構わず噛みつく」甘やかされて育てられたわがままな犬だけでなく、ストレスでセロトニンホルモンが不足することで犬が凶暴になることがあります。犬を甘やかせないでしつけるのはもちろんですが、ストレスのない生活を犬に送らせることも大切です。
わがまま
「うちの子は犬種特有の気質なのか性格がきつい・気が強い」「怒られてもめげない・歯向かってくる」「寂しがりやなのか、かまって欲しいと自分をアピールしてくる」「散歩の時は犬の行きたい所へ付いて行くようにして歩いている」あなたの愛犬はこんなことしていませんか?そんなことをさせていると、犬が自分が偉いと勘違いしてわがままになってしまいますよ。