あなたの愛犬の性格や問題行動に合ったしつけ・トレーニング方法を探すなら

 

 

ここでは、犬の扱いに長けている訓練士やトレーナーのしつけ方を動画で学ぶという方法をご紹介致します。DVDを視聴し、それをあなたが実践することで、犬の噛みつき癖を矯正するトレーニング仕方を覚える・身に付けるのですが、トレーナーさんによって考え方が違ってきます。なので、どれを選ぶかの基準はDVDの時間ではなく、あなたの考え方や愛犬の性格に合ったものであるかどうかです。

噛みつき 犬種別 しつけ方

 

どのトレーナーのしつけ方にも言えることですが、犬をトレーニングすることで大切なのは、飼い主であるあなたの強い意志と一貫した行動と、家族の協力です。「やっぱり犬を躾するのはかわいそう・・・」「良い子になるとこの子らしくなくなる」と、根負けしてしまうとダメなんです。

 

 

愛犬が噛んでしまうようになったのは、飼い主であるあなたやご家族が犬をそんな風にしてしまったのが原因でもありますから、日常生活を送る上でのルールを決め、あなた自身も愛犬と一緒に学ぶ気持ちでいきましょう。

 

 

山本卓 (やまもとたかし)ドッグトレーナー

 

噛みつく犬のしつけ方

 

HP : PSDドッグサポートセンター  http://www.psd.co.jp/

 

子犬、成犬、シニア犬、ハンディキャップ犬それぞれの犬についてのしつけ方の他、噛みつき、引っ張り、無駄吠え、拾い食いなどの問題行動をなおすしつけ方が学べます。

 

特筆すべきは噛みつきのしつけ方で、実際に甘噛みや噛み癖のある日本犬(秋田犬、柴犬、紀州犬)をモデル犬として使っていることです。また、恐怖心から噛みついてくる小型犬のトレーニング方法も学べます。

 

 

ちなみにですが、登場するモデル犬として、甘噛みのある6ヶ月の秋田犬、幼い頃の間違ったしつけが原因で噛んでしまうようになった5歳の柴犬、飼い主の可愛がり過ぎでわがままになってしまった7歳の紀州犬が登場します。

 

登場している5歳の柴犬は、噛み癖以外にも、暴れる、無駄吠えがある、唸るといった問題行動もあるので、この子のような犬をどうトレーニングするのかが興味深いかと思います。柴犬などの日本犬を飼っている飼い主さんで、愛犬の噛み癖に悩まされている人は少なくないので、とても参考になるのではないでしょうか。

 

 

藤井聡 (ふじいさとし)ドッグトレーナー

 

噛みつく犬のしつけ方

 

HP : オールドッグセンター  http://www.cbk-9.jp/

 

犬のしつけの基本、散歩時のしつけ、唸る・噛む・吠えなどの問題行動の改善、犬のトレーニング方法を学ぶことができます。

 

犬が自分が家族の中で一番偉い、自分がリーダーであると思い込んでいたり勘違いしていると、犬が人に噛みつくなどの問題行動をとってしまいます。そのような間違った解釈を犬にさせないために、犬の性質や習性を利用して、飼い主と犬との間に主従関係をしっかり築くというのがこのトレーニング方法です。

 

愛犬可愛さから、ついつい猫なで声で声をかけたり過度に愛犬に触れたりし勝ちです。でも、実はその行為が愛犬を勘違いさせる原因となっているため、「飼い主がリーダーである!」ということで、飼い主がリーダーとしての役割を果たす・リーダーシップをとった行動をするといった方法で、人によっては厳しくも思えるかもしれません。

 

犬種を問わないしつけ方法ですが、特に、大型犬を飼っている人「成犬だから躾し直すのはもう無理なのかな・・・」と思っている飼い主さん向きではないでしょうか。

 

 

森田誠 (もりたまこと)ドッグトレーナー

 

噛みつく犬のしつけ方

 

HP : ドッグ トレーニング ロード  http://www1.ttcn.ne.jp/~dtr-morita/DOG_HP/

 

最初に犬について学び、それからしつけの仕方を学びます。“犬について”とは、ストレス反応、心理学、犬という動物に対してどう接するか、犬の習性、犬の本能などで、犬をしつけるなら犬という動物について知る必要があり、それから犬を躾けるという考えです。

 

この犬のしつけ方は、犬に我慢を強いて従わせるのではなく、飼い主に従うのが嬉しい!との気持ちにさせます

 

このトレーニング方法は、先ずは座学(冊子を読むこと)で学び、それからDVDを観ることで実際のやり方を知るのですが、どの犬にも同じしつけの仕方が合うとは言えません。いろんな種類の犬がいますし、性格や個性もいろいろです。なので、あなたの愛犬の性格や問題行動に合ったDVDを2枚選ぶことができます。

 

褒めて伸ばす的な簡単な方法なので、この方法で犬が言うこと聞くのかな?との思いもよぎりますが、実践すると少しずつではありますが、犬が信頼してきてくれているのか服従してくるようになるのです。でも、同じことを繰り返すので根気が必要です。焦らないで気長に取り組む姿勢が大事ですよ。

 
犬のしつけのプロに教わる
「飼い犬の噛みグセが酷くて自分では手に負えない!」ということで、犬のしつけ・訓練のプロに犬を預けて噛みつきを直してもらうのも一つの手です。が、犬を訓練士に預けたままではいけません。飼い主であるあなたも一緒になって、犬の扱い方や接し方を学ぶ必要があります。
究極の手段
「犬が凶暴で、他の人だけでなく飼い主にさえ噛んでしまう。」「犬の本気噛みが直らない。」「成犬になったからもう噛みつきは矯正できない。」「いっそのこと、犬を保険所に連れて行こう。」犬を保健所に連れて行き、処分してしまおうと考えるほど、飼い犬の噛みつきに悩まされている飼い主さんがいます。