犬が人に噛みつくのはどんなとき?噛む犬ならこんなときは飼い主も気をつけて

 

 

ここまで、犬種ごと、成長段階、性格の噛みつきについてみてきました。
では、実際、どんな状況で噛みつくのでしょう?

 

 

東京都福祉保健局発行の「知らなかったじゃ済まされない犬の法律〜咬傷事故編〜」では
次のような場合に噛み付いてしまうことがあると書かれています。

 

犬のケンカが始まってしまい、離そうとしたとき

つながれている犬に近付いて、警戒させてしまったとき

ケガをしている犬に触ろうとして、犬が恐怖を感じたとき

ご飯のとき、フードを拾ってあげるつもりが、犬が盗られると勘違いしたとき

通行人が外飼いの犬にさわろうと、柵の外から手を入れたとき

子犬に触ろうとして、子育て中の母犬が警戒するとき

 

犬が人に噛みつくのはどんなとき?噛む犬ならこんなときは飼い主も気をつけて記事一覧

噛みつく犬なら散歩中は要注意!自分が気をつけていても人や犬は寄ってくる!

縄張り意識が強い犬では、ほかの犬とすれ違うだけで、吠えたり噛み付きにかかろうとしてしまうでしょう。また、いつも不安・恐怖を抱えているような犬ならば、吠え掛かって噛みついてこうとするかもしれません。あって欲しくないことですが、どちらかの飼い主の不注意で犬同士の喧嘩が始まってしまうことがあります。ケンカ...

≫続きを読む

 

犬が自宅にいるときに人に噛みつくのは、どんな状況の時が多いのだろうか?

自宅だと、飼い主さんご家族に噛みついてしまう場合がほとんどでしょう。それを予防するのと同時に、通行人の方が噛みつかれないように配慮も忘れないでください。    つながれている犬に近付いて、警戒させてしまったとき通行人が外飼いの犬にさわろうと、柵の外から手を入れたときもし、愛犬を外で飼うとすると、家...

≫続きを読む